大学院工学研究科機械システム工学専攻・機械物理工学専攻 / 工学部第一類(機械系)

大学院 工学研究科 機械システム工学専攻

新時代の機械システムの最適設計,高機能化,知能化の研究開発を計算力学や電子計測・制御技術をベースとして行える研究者及び高度専門技術者を育成しています.

大学院 工学研究科 機械物理工学専攻

次世代の機械技術開発を進めていくために,物理現象を深く理解し,それを機械の設計・製造に生かしていくことができる研究者及び高度専門技術者を育成しています.

工学部第一類(機械系)

第一類では,自然との共生をはかり,人類の平和,発展,存続や幸福の実現に貢献できる,優れた人間性と理性を兼ね備えた行動力のある人材の育成を目指しています.機能性材料の開発と利用,生産加工原理,新エネルギー開発,動力変換技術,新しい機械システムの構造・機能や設計原理,メカトロニクス技術,知能化機械システムの生産原理などの機械システム工学の基礎を修得し,機械と人間との関わり合い,次世代のエネルギーや環境問題などについて広い視野を持ち,最先端の設計・生産技術開発を担える技術者の養成を目指しています.